桜花賞2020レシステンシア?追記の追記。ソエでチューリップ賞を使えるかどうかの状態だったとか・・という事は、タメ逃げは、北村君が無理をさせたくなかったからか・・・それで乗り代わりとは、何かかわいそう

桜花賞2020レシステンシア?追記の追記。ソエでチューリップ賞を使えるかどうかの状態だったとか・・という事は、タメ逃げは、北村君が無理をさせたくなかったからか・・・それで乗り代わりとは、何かかわいそう

レシステンシア桜花賞大丈夫?チューリップ賞の敗因分析と桜花賞の展望。※この動画は武豊乗り代わり決定前にupしたものです。

※追記のさらに追記。その後の調査で、チューリップ賞前はソエで使えるかどうかの状態だったらしい。それで、北村君もハイペースで逃げず、のこり200mまで追わなかったのだと思います。馬のために無理をさせなかったのに、負けた責任を取らされ、降ろされるなんて、今年の北村君はことごとく不運ですね・・・
今回のチューリップ賞で、ためても弾けない、持ち味が活きないということが、改めて、明確になりました。スローに落としすぎると瞬発力に勝る馬に直線でかわされてしまいます。本番の桜花賞では、ハイペースで飛ばして逃げて、後続に、なし崩し的に足を使わせながら、直線入り口で、早めに後続を突き放す競馬をすると思います。と言うか、そうしないと、もはや勝ち目はないと思います。また、ハイペースで飛ばして逃げる形となると、桜花賞の後は、やはり nhkマイルカップを選択することになると思います。
今回のチューリップ賞では陣営の目論見通り、消耗を抑えることもできたし、
追い出しを我慢したところで、切れ味勝負では分が悪いことが改めて確認できたし、スローからミドルペースで折り合えることは確認できたし、あがりで使える足の限界も分かったし、3着に負けはしましたが収穫は大きかったと思います。消耗という点では直線でガシガシおってたマルターズディオサとクラヴァシュドールの方が大きかったと思います。陣営にとっても北村君は最低限の仕事をこなしたのだと思います。
#桜花賞2020 #レシステンシア #ソリッド君

チューリップ賞カテゴリの最新記事