2020・新潟大賞典 結果 トーセンスーリヤ

2020・新潟大賞典 結果 トーセンスーリヤ

10日、新潟競馬場で行われた第42回新潟大賞典(4歳上・GIII・芝2000m)は、好位でレースを進めた横山和生騎手騎乗の10番人気トーセンスーリヤ(牡5、美浦・小野次郎厩舎)が、直線で内を突いて脚を伸ばし、逃げ粘る7番人気アトミックフォース(牡4、美浦・武藤善則厩舎)をゴール前で差し切って、これに1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分58秒6(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に14番人気プレシャスブルー(牡6、美浦・相沢郁厩舎)が入った。なお、2番人気ブラヴァス(牡4、栗東・友道康夫厩舎)はプレシャスブルーとハナ差の4着、3番人気インビジブルレイズ(牡6、栗東・吉村圭司厩舎)は5着、1番人気レッドガラン(牡5、栗東・安田隆行厩舎)は6着に終わった。

 勝ったトーセンスーリヤは、父ローエングリン、母トーセンガラシャ、その父デュランダルという血統。美浦S(3勝クラス)に続く2連勝で、重賞初制覇を飾った。また、本馬を管理する小野次郎調教師にとっても、これがJRA重賞初勝利となった。

新潟大賞典カテゴリの最新記事