【秋華賞】デアリングタクトを本命に考えている人に送る動画

【秋華賞】デアリングタクトを本命に考えている人に送る動画

【秋華賞】デアリングタクトを本命に考えている人に送る動画

極力、一本にまとめたいのですが、編集作業が大変でとても間に合いそうにないときは、
出来た順に、細切れでUPします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(デアリングタクト) 
どの陣営、どのジョッキーも、みんな、1頭強い馬がいますが・・・と枕詞のように口をそろえます。実力NO.1は疑いようはありません。
オークスでは、厳しくマークされ、わずかな隙間を見つけて一瞬で抜け出してきました。今回も相当マークがきびしそうです。
ですが、1600メートルの桜花賞、2400メートルのオークスを制した2冠馬にとって、2000mの秋華賞は距離的には何の問題もありません。
マークが厳しく包まれるのが嫌ならば、松山騎手も、多少の距離ロス覚悟で、安全に外を回したほうが勝機は高そうです。

オークスでマークした上がり3ハロン33秒1は、2年前のアーモンドアイをも上回る史上最速の切れ味でした。溜めれば確実に脚を使います。あまりに後ろすぎてはダメですが、それなりのポジションなら、松山騎手もこの馬の末脚を信じて外を回す競馬でも十分届くと思います。

ぶっつけでのG1ですが、直近2年の秋華賞馬(クロノジェネシス、アーモンドアイ)は、いずれもオークスからの直行でした。詰めて使うよりも間隔があいていた方がいいタイプですし、一週前はコースで自己ベストがでていますし、直行は問題なしと見ました。

パンパンの良馬場でも、もちろん強いですが、道悪も全く苦にしません。桜花賞で道悪馬場を勝っていますが、これは、1歳の夏から熊とかが出没する苛酷な自然環境のなかで5ヶ月も昼夜放牧を耐えてきた精神力のたまものです。

先週が道悪で外伸びの馬場でした。今週も土曜日は天気が崩れそうです。内・前有利の馬場を避けたいこの馬にとっては、馬場が渋れば他の馬が苦にするぶん有利に働くと思います。

秋華賞カテゴリの最新記事