秋華賞2020予想 絶対女王デアリングタクトを出し抜くとすれば・・・この3頭@ユーイチ【Yu-ichi-Channel】

秋華賞2020予想 絶対女王デアリングタクトを出し抜くとすれば・・・この3頭@ユーイチ【Yu-ichi-Channel】

秋華賞2020予想 絶対女王デアリングタクトを出し抜くとすれば・・・この3頭
@ユーイチ【Yu-ichi-Channel】

デアリングタクトは桜花賞、オークスと、後方で脚を溜める競馬をしました

オークスからのぶっつけで
前哨戦を使って脚質転換を試す機会もなく、

したがって、今回も、これまでと同じ戦法、つまり、後方からの競馬になる
と思います
★★★★★★★★★
秋華賞の舞台、京都芝2000 M 内回りコースは
能力の絶対値がそのまま反映されにくい舞台設定です

デアリングタクト、といえども、つつまれるなどして仕掛け が遅れると
脚を余すケースも考えられますし、逆に
人気を背負っているぶん早めに仕掛けて、大外を回した結果
脚をなくすケースも考えられます
★★★★★★★★★★
無敗の三冠牝馬、ニューヒロインの誕生を応援したい気はありますが

それと懐事情とは別問題なのでデアリングタクトは
win5の一員として応援するにとどめ
個別の馬券では抗ってみたいと思います
★★★★★★★★★★
とはいえ、抗うといっても
オークスで、あれだけマークされても
一瞬で抜けてくる反応の良さと
上がり最速33.1秒と言うアーモンドアイを上回る切れ味からすると

ここでは能力が一枚も二枚も抜けていて
完全に馬券外に崩れてしまうとは考えにくいです
対抗評価として、三連単馬券の2列目と3列目に配置したいと思います
★★★★★★★★
1列目候補として3頭 あげたいと思います

デアリングタクトと同じ位置か後ろの位置、で同じ戦法を取っていたのでは
到底敵うわけがないので

候補は、デアリングタクトよりも前で競馬する馬たちということになります
★★★★★★★
【ミヤマザクラ】
春のクイーンカップの時、福永騎手は、
藤原先生から後方で脚を溜める競馬を
オーダーされましたが
レースでは好スタートを切ってしまい、また、
一頭大逃する馬がいたので

大逃する馬の2番手を追走し、結果的に逃げたのと同じになりました
検量室前で藤原先生に怒られたのか
福永騎手も反省しきりで、勝利ジョッキーインタビューが
お通夜みたいな状況でした

結局クイーンカップでは後方で脚を貯めた時に
どれくらいの切れ味があるのかは、わからなかったのですが
府中の500 M を押しきれるだけの長い脚を使えるということは分かりました

今週藤原先生が、どんな競馬でもできる、とコメントしていました

デアリングタクトと末脚くらべをするとは考えられないので
あるとすれば
逃げるかロングスパートということになります

藤原先生はジョッキーにオーダーを細かく出すタイプなので、
福永騎手も当然それに従うはずです

福永騎手も長くいい脚を使えるので秋華賞の流れに合うと思う
とコメントしていてロングスパートを示唆していました
ミヤマザクラは好位からロングスパートしてくると思います

福永騎手は京都芝2000 M の勝率がルメール騎手よりも高く
このコースを得意としています

本命馬として123列目に配置します
★★★★★★★★★
【アブレイズ】
アブレイズは春のフラワーCで2番手から前を追走して
直線早め先頭から押し切りました

この馬は切れ味はありませんが
スタミナとスピードの持続力はかなりのものがあり
ロングスパートは得意です

ここ2戦、左回りで大敗していますが
オークスではやや掛かり気味でしたし
距離も長かったですし
レース後に骨折が判明ましたし、敗因は説明できます

ローズSでは、やや行きたがっていましたし
休み明けの分もあったと思います

そもそも左回りが良くないのかもしれません
今回は2戦2勝の右回りに戻りますし
クロスノーズバンドを着用して折り合いがつくよう対策を練ってきました

ローズSでは、ハイペースでの逃げを期待したのですが、2番手に抑えて
がっかりでした。本番に逃げのカードを隠していたと、好意的に解釈します
この馬は、スタミナは豊富ですが切れ味はないので、直線入り口で、後ろを引き離しておかないと、切れる馬の目標にされるだけです。

人気が全然ないのだから、今回、ハイペースで逃げるか、早めにロングスパートを開始するなど
大胆な戦法を取らないならば、次回から、ナナコちゃんでお願します。

藤井勘一郎騎手のぶん、絶対的な信用がおけるわけではないので
軸には不向きと考え、激走穴馬評価として1列目と3列目に配置します
★★★★★★★
【リアアメリア】
リアアメリアはデビュー戦から一貫して
中団・後方から末脚を生かす競馬をしてきました

しかし、オークスでは
デアリングタクトをブロックしたところまでは良かったのですが

同じ位置から先にスパートしたにも関わらず
内に切り替えして後からスパートを開始したデアリングタクトに
あっさり差されてしまいました

末脚の切れ味ではデアリングタクトには到底及びませんでした

前走ローズ S では一番枠ということもあってか積極的な先行策で
道中2番手追走から直線早めに抜け出すと
そのまま押し切り2着馬に2馬身差の圧勝劇でした

リアアメリアは先行力に加え、長くいい脚を使えるタイプだった
ことが証明されました

新馬戦やアルテミス Sで、
わざと出遅れさせたり無理やり押さえ込んだりした結果

阪神JFでは、レシステンシアの
ハイペースの逃げに全くついて行けなかったり
桜花賞では返し馬すらできないくらいレースが嫌いになったり

人間が良かれと思ってやったことが、結果的に

上等な料理にハチミツをブチまけるがごとき愚行で
危うく素材の価値を台無しにするところでしたが

ローズSで、リアアメリアが、自分のリズムで走り、勝利できたことで、
完全復活した天才少女は、今まさに、自信に満ち溢れているはずです

中内田調教師もローズSのようなレースが理想とコメントしていて
川田騎手も、こういう走りがしたかったとコメントしていて
とすれば、当然、今回も先行してくると思います

ウインマリリンとマルターズディオサも先行してきますが
同じ手塚厩舎勢同士でやり合うとは考えられず
とすると序盤はペースが落ち着くと思います
それがリアアメリアのリズムなら
それについていけば良いし
リズムに合っていなければ
思い切って逃げて良いと思います

川田騎手は秋華賞をミッキーチャームで逃げたことがありますし
リズムが遅いと思ったら逃げても面白いと思います

以下、三連単の3列目に配置する馬についての見解です

【ウインマリリン】
通算5戦3勝で、3勝は何も芝2000 M戦です。
自在性と機動力が大きな武器で中山内回りコースで2勝しています
なので京都の内回りの適正はあると思います
3勝全て横山武史騎手の手綱であり完全に手の内に入れていると思います
遅生まれなのでこの夏最も成長したのはこの馬かもしれません

オークス2着なので
打倒デアリングダクトに最も近い存在とも言えますが
オークスは横山典弘騎手の神騎乗によるところが大きかったこと
息子のたけしくんにはまだ経験値が足りないかなということで
3列目だけの評価にしました
★★★★★★
【マルターズディオサ】
マルターズディオサは、春は万全の体調ではなかったため
桜花賞、オークス共に着外でした

チューリップ賞1着の後そのまま栗東に滞在し続けたら
馬がホームシックになったからでした

オークスの後、夏場をしっかり休んで、万全の体調で挑んだ紫苑Sを完勝!
最後の一冠に向け、今、勢いは十分です

今回も先行抜け出し策を取ってくると思います
紫苑ステークスの時は最後まで粘り切れましたが

今回は相手もさらに強くなるしベースも途中から速くなると思うので
先行勢も厳しいと思うので今度は捕まる可能性が高いとみて

3列目だけの評価とします
★★★★★
【ホウオウピースフル】

ホウオウピースフルは
兄が有馬記念を勝ったブラストワンピースという良血です

春のフローラSスで2着と好走しましたが
その後はオークス8着 紫苑S13着と不本意な結果です

原因は 当日パドックから返し馬までは落ち着いているけれど
ゲート裏に来ると、いきなりテンションが上がってしまうからです

ゲート裏で落ち着いてさえいれば能力は出せるので
今回は馬具を工夫して対策はしてくるそうです

全然、人気もないですし、その対策が吉と出てくれるれば
配当も跳ねますので3列目に加えたいと思います
★★★★★★
【マジックキャッスル】

桜花賞は道悪馬場に泣き12着大敗。
オークスはメンバー2位タイの末脚を繰り出しましたが
直線でスムーズさを欠いて5着・・・
リアアメリアにブロックされたデアリングタクトが
内に切り替えしてきて
先に進路に入られてしまったのが浜中騎手にとっては痛恨でした

紫苑ステークスは前有利の流れに加えて
外に出すのに手間取り4着でしたが
小さい体でこじ開けるガッツもありますし
坂で止まりかけましたが登り切ってからはまた伸びてきました
坂がない平坦な京都の方がこの馬には合うと思います

クイーンカップでは長くいい脚で追い込んできましたし
秋華賞の流れはこの馬向きだと思います

パンパンの良馬場なら、また、主戦の浜中騎手なら
激走穴馬として1列目と3列目配置でしたが
今回は騎乗停止中で乗り替わりなのでで
評価を下げて3列目までとします

秋華賞カテゴリの最新記事