【コントレイル】無敗の三冠馬達成、菊花賞3000m【おめでとう】

【コントレイル】無敗の三冠馬達成、菊花賞3000m【おめでとう】

【菊花賞】ディープインパクトから15年…コントレイルが史上3頭目の無敗3冠制覇! 改修前最後の京都GIで父子2代制覇の偉業達成

10月25日の京都11Rで行われたクラシック3冠最終戦・第81回菊花賞(3歳オープン、牡・牝、GI、芝・3000メートル、馬齢、18頭立て、1着賞金=1億2000万円)は、福永祐一騎手騎乗で断然の1番人気に支持されたコントレイル(牡、栗東・矢作芳人厩舎)が勝利。1984年“皇帝”シンボリルドルフ、2005年“英雄”ディープインパクトに続く史上3頭目の無敗3冠制覇を果たした。タイムは3分05秒5(良)。

 クビ差の2着にはアリストテレス(4番人気)、さらに3馬身半差遅れた3着にサトノフラッグ(5番人気)が入った。

 コントレイルは2歳時に3連勝でホープフルSを制し、JRA賞最優秀2歳牡馬を受賞。3歳になった今年、皐月賞は半馬身差、ダービーは3馬身差で優勝。秋初戦の神戸新聞杯を2馬身差で勝利、菊花賞も制覇しデビューから無傷の7連勝。改修前の京都競馬場で行われた最後のGIで、父ディープインパクトとの2代制覇という空前の偉業を達成した。

 騎乗した福永祐一騎手は、保田隆芳元騎手、岡部幸雄元騎手、武豊騎手に次ぐ史上4人目のクラシック通算10勝。また、矢作芳人調教師は、今年4度目のJRA・GI制覇。同調教師は昨年もJRA・GI4勝を挙げており、2年連続でJRA・GI4勝を挙げるのはグレード制が導入された1984年以降で初の快挙のことだった。

 菊花賞を勝ったコントレイルは、父ディープインパクト、母ロードクロサイト、母の父Unbridled’s Songという血統。北海道新冠町・(株)ノースヒルズの生産馬で、馬主は前田晋二氏。通算成績は7戦7勝。重賞は19年東スポ杯2歳S(GIII)、ホープフルS(GI)、今年の皐月賞(GI)、日本ダービー(GI)、神戸新聞杯(GII)に次いで6勝目。菊花賞は、矢作芳人調教師は初勝利、福永祐一騎手は13年エピファネイアに次いで2勝目。

◆福永祐一騎手(1着 コントレイル)「思っていた以上に接戦になりましたし、ラストは相手の脚いろも良かったので、何とかしのいでくれという気持ちで追っていました。それに馬が応えてくれました」

コントレイル(英:Contrail)は、日本の競走馬。主な勝ち鞍は2019年のホープフルステークス、東京スポーツ杯2歳ステークス、2020年の皐月賞、東京優駿、神戸新聞杯、菊花賞。2019年のJRA賞最優秀2歳牡馬[7]。2020年に無敗で牡馬三冠を達成した。尚、牡馬三冠達成馬はこれまでに7頭、内、キャリア無敗で達成した馬は2頭(シンボリルドルフ、ディープインパクト)出ているが、加えて2歳GⅠも勝利した馬は本馬が史上初となる。馬名の意味は「飛行機雲」
なお同名の競走馬が過去に中央競馬に存在していたが、本項では2017年生まれの同名の競走馬について記述する。その他、イギリスにおいても1968年に生産された「Contrail」という競走馬が存在した。

馬面, 競馬, コントレイル, 福永祐一, ムーア, 新馬, 東京スポーツ杯, ホープフルステークス, 皐月賞, 東京優駿, ダービー,菊花賞, 無敗, 圧勝, 連勝, 二冠, ディープインパクト, 怪物

#競馬 #コントレイル #三冠

東京スポーツ杯2歳Sカテゴリの最新記事