このサイトはオススメのYOUTUBE動画を紹介するのみのサイトです。共有可能な動画のみ掲載しており、公序良俗に反しない動画を掲載する様に心掛けておりますが、もし一般通念上不適合と思われる動画がございましたら、下記お問合せよりご連絡ください。即刻対処させて頂きます。

✅ ◆第21回チャンピオンズC・G1(12月6日、中京競馬場・ダート1800メートル、良)

✅  ◆第21回チャンピオンズC・G1(12月6日、中京競馬場・ダート1800メートル、良)

💖 Please Visit:
💖 Please Subscribe:
✍ 【チャンピオンズC・敗者の弁】サンライズノヴァは見せ場なく12着に終わる 松若「距離の問題でしょうか」 2020年12月6日 18時6分スポーツ報知 # 競馬  ◆第21回チャンピオンズC・G1(12月6日、中京競馬場・ダート1800メートル、良)  下半期のダート王決定戦は16頭によって争われ、戸崎圭太騎手が騎乗したチュウワウィザード(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎、父キングカメハメハ)が差し切って優勝。昨年のJBCクラシック、今年の川崎記念に続く、G1・3勝目を挙げた。勝ち時計は1分49秒3。  2馬身半差の2着は昨年に続いてゴールドドリーム(和田竜二騎手)。3着も昨年に続いてインティ(武豊騎手)が入り、1番人気を集めた昨年の覇者、1番人気のクリソベリル(川田将雅騎手)は4着に終わった。  松若風馬騎手(サンライズノヴァ=12着)「ポジションは後ろでしたが、スタートが決まって、いい流れで競馬ができました。ただ、少し力んでいて、最後の反応が鈍かったです。距離の問題でしょうか」  ミルコ・デムーロ騎手(アナザートゥルース=13着)「スタートは良かったけど、3、4コーナーでペースが上がった時に砂をかぶって嫌がっていた」  藤岡康太騎手(サトノティターン=14着)「前走より状態は上がっていると感じましたが、気持ちの問題なのか、スタートから進みが悪くて、エンジンがかからないままでした」  高倉稜騎手(メイショウワザシ=15着)「(隣の)エアアルマスの方がゲートを速く出たので、ひるむところがあって、思いのほか行けませんでした。3コーナーで手応えもなくなりました」  亀田温心騎手(ヨシオ=16着)「前の位置を取って3コーナーまで食らいついてくれましたが、そこからいっぱいになりました」 …
💖 #競馬

チャンピオンズCカテゴリの最新記事