このサイトはオススメのYOUTUBE動画を紹介するのみのサイトです。共有可能な動画のみ掲載しており、公序良俗に反しない動画を掲載する様に心掛けておりますが、もし一般通念上不適合と思われる動画がございましたら、下記お問合せよりご連絡ください。即刻対処させて頂きます。

✅ 17年のチャンピオンズCなどG1・5勝のゴールドドリームを5年以上も支えてきた。木下厩務員は「特に印象に残るのは、3歩ほど出遅れても楽勝だった新馬戦(15年12月13日、阪神)。強くなるのは先と

✅  17年のチャンピオンズCなどG1・5勝のゴールドドリームを5年以上も支えてきた。木下厩務員は「特に印象に残るのは、3歩ほど出遅れても楽勝だった新馬戦(15年12月13日、阪神)。強くなるのは先と

💖 Please Visit:
💖 Please Subscribe:
✍ 【チャンピオンズC 今週の仕事人】ゴールドドリーム担当の木下厩務員、自作の曲と愛情でもうひと花! 2020年12月4日 6時0分スポーツ報知 # 競馬 ◆第21回チャンピオンズC・G1(12月6日・ダート1800メートル、中京競馬場)  17年のチャンピオンズCなどG1・5勝のゴールドドリームを5年以上も支えてきた。木下厩務員は「特に印象に残るのは、3歩ほど出遅れても楽勝だった新馬戦(15年12月13日、阪神)。強くなるのは先と思っていたのに、いきなり3連勝して驚きました。こういうすごい馬がG1を勝つのでしょうね。ドバイやサウジアラビアにも連れて行ってもらい、本当に感謝しています」と振り返った。  小さい頃からスポーツが大好きで野球やサッカーでは華麗なプレーを演じてきた。器械体操の経験もあり、平田調教師は「昔はバク転ができたんだぞ」と感心するほどの運動神経。ギターやピアノも得意でかつてはバンドマンとして活動。栗東トレセンの夏祭りでは西城秀樹さん(故人)のコンサートで前座を務めたこともある。木下さんは「トレセンに初めて入厩した馬って、不安な表情をしていることが多いんです。声をかけると安心するのですが、僕は自作の曲を歌って聴かせたりしました」と優しいメロディーで馬の心をつかんできた。  500キロを軽く超える巨体のゴールドアリュール産駒も、木下厩務員の前では甘えん坊。「馬の好きなところは、懐くところ。こんなに大きな動物が人間に懐くんだなと。ゴールドドリームは最初から心を開いてくれました。どの馬もそうだけど担当者には泣くんですよ。甘えているのでしょうね」。大好きなエン麦を愛情たっぷりに調合し、体調管理に努めてきた。  昨年5月のかしわ記念以降、勝利から遠ざかっているが、もうひと花を咲かせたい。木下さんは「いつも『ありがとう』の気持ちで接しています。今回も最高の出来で送り出したいです」と一戦一戦が勝負の7歳馬を再び輝かせるつもりだ。(内尾 篤嗣)  ◆木下 裕也(きのした・ひろや)1962年12月2日、京都府生まれ。58歳。78年4月に厩務員として栗東・北橋修二厩舎に入る。定年解散に伴って07年3月から現在の平田修厩舎へ。06年の日経賞2着、天皇賞・春で3着のストラタジェム、12年のベテルギウスSでVのハートビートソングを担当。父の木下昭三さんは栗東・清水出 …
💖 #競馬

チャンピオンズCカテゴリの最新記事