【時短解説】2021京成杯解説:9分で解る!京成杯『狙い馬×2頭・穴馬1頭』

【時短解説】2021京成杯解説:9分で解る!京成杯『狙い馬×2頭・穴馬1頭』

#競馬予想 #京成杯 #日経新春杯 #愛知杯
今回は『狙い馬×2頭・穴馬1頭』を簡略的に解説した動画です。
週末にアップする『予想動画』も是非ご覧下さい!
『#テンバガー #ヴェローチェオロ #ラカン 』

≪チャプター≫
00:00【オープニング】
00:19【狙い馬①】
04:10【狙い馬②】
06:33【穴馬】
08:43【まとめ】

ご視聴いただきありがとうございました。
皆様の馬券に少しでもお役に立てればと思います。

【チャンネル展開】
このチャンネルでは『展望』『予想』『回顧』を中心に展開しております。
『展望動画』は月曜日・火曜日・水曜日
『予想動画』は水曜日・木曜日・金曜日
『回顧動画』は現在お休みしております。
その他動画も随時アップして行きます。

【関連動画】
『重賞予想』京成杯予想:金曜日予定

『重賞予想』日経新春杯予想:土曜日予定

『重賞予想』愛知杯予想:木曜日予定

『行け!クラシックロード2021』⑤2歳馬ランキングトップ10・牝馬編:

『行け!クラシックロード2021』⑥2歳馬ランキングトップ10・牡馬編:

【Twitter】
『レース傾向』『注目馬短評』『時計の傾向・トラックバイアス』『最終結論』
等を端的にまとめ、役に立つ競馬情報を中心につぶやいております。
Twitter:

【データ取得期間】
レースの傾向を掴む為に、データを10年で取る人が多いですが、
10年前と現在の競馬では、傾向そのものが違うと私は考えます。

    《10年前と現在の差異》
・馬場の作りによる『トラックバイアス』
・馬場の作りによる『勝ち時計』
・主流種牡馬による『ペース・ラップ』
・外厩仕上げによる『ローテーション』
・上位の騎手による『展開』等様々な要素

10年で取得すると、傾向の違うデータまで取れてしまうので、
予想者にもよりますが、私は『6年が妥当』だと考えております。

【プロフィール】
『馬券生活者を目指して、20年以上競馬と向き合ってきたただの凡人』
孤独な戦いの中で感じた馬券の難しさと、そこで得られた経験を元に、
人の役に立てる情報を提供し、共に競馬道を極めたいと思い立つ。
そして、競馬の素晴らしさと、競馬が出来る喜びを伝えたい。

視聴してくださる皆様に対し、有益な情報を提供出来るよう努めますので、
よろしければ『チャンネル登録』お願いいたします。
登録はこちら↓↓↓

使用BGM :Rainy_Day『作編曲・作田京輔様』DOVA-SYNDROMEより
使用画像 :『クレジット:winhorse』Pixabay iStockより購入
サムネイル画像:『撮影・Tom Meurer様』Pixabayより

愛知杯カテゴリの最新記事