このサイトはオススメのYOUTUBE動画を紹介するのみのサイトです。共有可能な動画のみ掲載しており、公序良俗に反しない動画を掲載する様に心掛けておりますが、もし一般通念上不適合と思われる動画がございましたら、下記お問合せよりご連絡ください。即刻対処させて頂きます。

ミヤビペルセウス

ミヤビペルセウス

ミヤビペルセウス, by Wikipedia / CC BY SA 3.0

#2000年生_(競走馬)
#障害馬及び障害戦出走経験馬
#サラブレッド
#日本生産の競走馬
#日本調教の競走馬
#父内国産の競走馬
ミヤビペルセウスは、日本の競走馬。
2007年の新潟ジャンプステークスに優勝した。
2002年9月に新潟競馬場でデビューし14着。
2003年8月に8戦目にして初勝利を挙げる。
その後はダート1600mから1800mのレースを中心に出走し、1000万クラスまで出世したが、大敗も増え成績が頭打ちになった。
2006年7月に障害競走に転向し、2戦目で障害初勝利を挙げるもその後は惨敗が続いた。
ちなみに障害転向後も平地のレースに何度か出走しているがこちらも惨敗だった。
変わり身を見せたのは2007年4月に中山競馬場で行われた障害オープンで、12番人気で2着と好走。
その後障害オープンを2連勝。
特に2戦目はコウエイトライに2.6秒の大差をつけてのものだった。
迎えた新潟ジャンプステークスは1番人気に推され、早め先頭から押し切る競馬で優勝、3連勝で重賞初勝利を挙げる。
しかし続くイルミネーションジャンプステークスでは休み明けの影響かチグハグしたレース運びで飛越も悪く、11着と大敗した。
さらに第130回中山大障害でも11着に敗れた。
2008年の初戦は春麗ジャンプステークスに出走。
1番人気に支持されるが、またも11着だった。
その後、5月の障害オープンに出走し、2着となった。
続く東京ハイジャンプと新潟ジャンプステークスはともに4着、阪神ジャンプステークスは3着と好走した。
続く京都ハイジャンプは13着と大敗した。
2009年の初戦は久々に平地のレースに出走、9着だった。
続く阪神スプリングジャンプでは13番人気と評価を落としていたが、3着と好走した。
その後、5月30日に平地のレースに出走したが、13着と大敗した。
続く東京ジャンプステークスと新潟ジャンプステークスでは共に3着に入った。
しかし、9月の阪神ジャンプステークスでは10着に終わった。
その後は一度もレースに出走することなく2011年5月18日付で競走馬登録を抹消され、千葉県香取市の北総牧場にて乗馬となる。
叔父に天皇賞などG13勝のニッポーテイオー、叔母にエリザベス女王杯優勝馬タレンティドガールがいる。

京都ハイジャンプカテゴリの最新記事