このサイトはオススメのYOUTUBE動画を紹介するのみのサイトです。共有可能な動画のみ掲載しており、公序良俗に反しない動画を掲載する様に心掛けておりますが、もし一般通念上不適合と思われる動画がございましたら、下記お問合せよりご連絡ください。即刻対処させて頂きます。

シゲルジュウヤク

シゲルジュウヤク

シゲルジュウヤク, by Wikipedia / CC BY SA 3.0

#2008年生_(競走馬)
#2015年没
#障害馬及び障害戦出走経験馬
#サラブレッド
#日本生産の競走馬
#日本調教の競走馬
#競走馬セリ市出身馬
#現役中に死亡した競走馬
#安楽死された競走馬
シゲルジュウヤク(Shigeru Juyaku)とは日本の競走馬。
主な勝ち鞍に2013年の阪神スプリングジャンプ、2012年の新潟ジャンプステークス。
名前の由来は冠名のシゲル + 重役。
2010年7月11日、阪神競馬場での2歳新馬戦でデビューし、10着。
4戦目で初勝利を挙げ、続けて京王杯2歳ステークスへ出走するも15着。
12月のつわぶき賞以降5000万下条件戦に5戦使われるも二桁着順が続き、2011年8月の500万下戦を最後に障害競走に転じる。
障害に転じて3戦目で障害初勝利を挙げ、以降5戦は勝てずも掲示板内の成績を保ち、2着1回、3着2回の成績とする。
京都ハイジャンプ4着の後臨んだ2012年7月の中京競馬場の障害オープンで障害2勝目をあげ、続く新潟ジャンプステークスでは中団からの競馬を制して重賞初制覇をあげた。
東京ハイジャンプ3着、2013年初戦の牛若丸ジャンプステークス8着を経て出走の阪神スプリングジャンプではマーベラスカイザーの追い上げを退けて障害重賞の2勝目を達成。
中山グランドジャンプ3着、秋初戦の阪神ジャンプステークスでも3着としたあと長期休養に入り、2015年に入って平場を一度叩いたあと出走した京都ハイジャンプで、9号障害(バンケット)着地時に転倒したため競走を中止し、右上腕骨々折が判明、予後不良と診断された。
以下の内容は、JBISサーチおよびnetkeiba.comに基づく。
^ 障害戦は平均1F。

京都ハイジャンプカテゴリの最新記事