このサイトはオススメのYOUTUBE動画を紹介するのみのサイトです。共有可能な動画のみ掲載しており、公序良俗に反しない動画を掲載する様に心掛けておりますが、もし一般通念上不適合と思われる動画がございましたら、下記お問合せよりご連絡ください。即刻対処させて頂きます。

ギベオン

ギベオン

ギベオン, by Wikipedia / CC BY SA 3.0

#2015年生_(競走馬)
#サラブレッド
#日本生産の競走馬
#日本調教の競走馬
#父内国産の競走馬
ギベオン(Gibeon)は、日本の競走馬。
主な勝ち鞍は2021年の金鯱賞、2018年の中日新聞杯。
馬名の由来はギベオン隕石による。
2017年12月17日、阪神競馬場での2歳新馬戦でデビューし、1着。
3歳初戦、2018年2月のフリージア賞も差し切って勝利し、2連勝とする。
重賞初出走の毎日杯でブラストワンピースの2着、続くNHKマイルカップでもケイアイノーテックの2着、秋初戦のセントライト記念は13着と崩れ重賞勝利に手が届かず。
12月の中日新聞杯では、直線抜け出したところで一度はショウナンバッハに交わされるも差し返し、ハナ差退けて1着。
重賞初勝利を飾った。
4歳となった2019年は5走して未勝利、翌2020年も5走したが、4つのレースで二桁着順を記録するなど約2年にわたって勝利から遠ざかった。
2021年、6歳となって初戦の白富士ステークスを5着としたあと、3月の金鯱賞に駒を進める。
10頭立て、単勝227.3倍の最低人気で迎えたレースでは、初騎乗の西村淳也がスタートから逃げの手を打ち、最後の直線で外側から迫ってきた前年の牝馬三冠馬デアリングタクトをクビ差退けて、中日新聞杯以来の二度目の重賞勝利を「大金星」と形容される勝利で飾った。
鞍上の西村は、30回目の重賞騎乗での初のJRA重賞勝利となった。
その後はマイラーズカップ7着、安田記念では9着に終わった。
以下の内容は、JBISサーチおよびnetkeiba.comの情報に基づく。

中日新聞杯カテゴリの最新記事